ショートヘア似合う女性

髪型で変わる第一印象

おでこが広い

おでこが広い人は、三角にみせるという方法。

おでこが広いと隠したくりますね。
けど、あえて見せるのもアリです。
三角に見せるというのは、どういうことかというと他人から見たときに、おでこが三角に見えるように前髪をつくるということです。
例えば、中央で分けて三角に見えるようにしたり、おでこの両端に前髪がかかるようにしたり、斜めに流したりすると三角おでこができあがります。
おすすめですよ。

でも、ちょっと見せるのも嫌という方は、フルバングはいかがでしょう。
厚めの前髪にすればきっとおでこも気になりません。

あえて、オールバッグに挑戦したいという方におすすめは、下に重心も持ってくることです。
目線を下にそらすこともできますしね。

おでこが狭い

おでこの狭い人は、前髪をつくるとき、つむじの方向から髪をもってきてカットするといいでしょう。
また、おでこの生え際より深めの位置から前髪を作ると実際のおでこより広く見せれます。
おすすめはシースルーバング。
おでこをチラ見せするのも、おでこの面積を錯覚させる効果アリです。
前髪をわけたい場合は、センターパートよりも、サイドに流したななめバングがおすすめです。
おでこの横を見せて、真ん中の生え際をカバーすると、ほかの人たちは、出ていない部分のおでこを勝手にきれいな形に想像してくれるんです。

意外なのがオン眉毛バング。
おでこが、めちゃくちゃ見えてしまって避けてしまいそうですが、この前髪は、おでこを上手くバーしてくれる効果があるんですよ。

おでこが狭い人が隠すべきは、おでこ全体ではなく生え際。
だから、眉毛バングもおでこを出しつつも生え際カバーはばっちりなのでOKなのです。


この記事をシェアする